• 障がい者雇用

ニュース・セミナー

2015/02/04

就労移行支援事業所「障がい者就職塾」千葉校開設のお知らせ

1.事業所開設の目的
知的障がい者専用の企業向け貸し農園を運営する「わーくはぴねす農園」では、現在、第三農園の開設を進めていますが、既に申し込みの段階で全区画が完売予定となっています。 新農園では、約60名の知的障がい者の採用が見込まれていることから、このたび新たに就労移行支援事業所「障がい者就職塾」を千葉県千葉市に開設することとなりました。今回の事業所開設で、「障がい者就職塾」のネットワークは5拠点に広がります。エスプールグループでは、ノーマライゼーション(※1)の実現を目指して、障がい者の職業的自立及び社会参加の支援に積極的に取り組んでいます。

2.事業所の概要
[名 称] 「障がい者就職塾」 千葉校
[所在地] 千葉県千葉市中央区南町2-9-4 マルエイ第6ビル3階 
[連絡先] TEL:043-382-3660   FAX:043-382-3661

3.障がい者雇用支援サービスの概要
エスプールプラスでは、知的障がい者専用の企業向け貸し農園「わーくはぴねす農園」の運営と民間企業への就職を希望する障がい者を支援する就労移行支援事業所「障がい者就 職塾」の運営を行っています。「わーくはぴねす農園」では、農業に関する指導だけでなく、障がい者の採用支援やメンタルサポートまで行いますので、特別なノウハウを必要とせず企業は知的障がい者を雇用することができます。「障がい者就職塾」では、就職を目指す知的障がい者に対し、社会人として必要な基礎知識の習得から実践的な農業研修まで行い、生徒たちは平均3ヶ月で農園を利用する企業に就職しています。これまで4年間で約150名の知的障がい者が就職し、退職率が1%未満という高い定着率を誇っています。

(※1)ノーマライゼーションとは 

ノーマライゼーション (normalization)とは、障がい者や高齢者など社会的に不利益を受けやすい人々が区別されることなく社会生活を共にすることが、本来あるべき姿だとする考え方です。エスプールグループでは、「人の可能性は無限大である」という信念のもと、「人は必ず成 長できる」、「人は必ず輝ける場所がある」という想いで、ノーマライゼーションの実現と障がい者の職業的自立及び社会参加の支援に取り組んでいます。